● 見る

湯本家住宅

湯本家住宅

文化3(1806)年ごろ土壁と置き屋根の土蔵造りの 2階屋として建てられ、3階は養蚕の拡大のため、明治30(1897)年に増築されました。

長崎でシーボルトに学び、獄舎を逃れた蘭学者・高野長英をかくまったと伝わっており、2階の部屋は「長英の間」と呼ばれています。天使が舞う金唐紙や源頼朝拝領の茶釜を見ることができます。

毎月最終日曜日には邸内を開放しており、邸内を無料で見学することができます。詳細に関しては「ふれあいん家(0279-95-3008)」にお問い合わせください。

所要時間 ふれあいん家から徒歩 3分
湯本家邸宅 湯本家邸宅 湯本家邸宅